交通事故の示談金の相場はそれぞれのケースによって異なる

交通事故の示談金の相場は、それぞれのケースによって異なるため事故があったときにはまず自身の事故がどのケースに当てはまるのかをチェックしなくてはいけません。

 

交通事故の慰謝料・示談金の相場は弁護士に相談するとすぐ分かる?

 

交通事故の示談金の相場で一番大切なことは、過去の交通事故で自身の交通事故の状況と似たようなものがなかったのかを探すことにあります。本来、こうした過去の事例の検索は弁護士などの法律家が行うのですが個人であってもインターネットなどを利用すれば探すことが出来るので相場を知りたいときには役に立ちます。そして、実際に過去に同じようなケースがあればそのケースで支払われた慰謝料や示談金をもとに自身の事故の計算をすることになるのです。

 

では、なぜこのような過去の事例における示談金が相場として扱われるようになるのでしょうか。これは、法律的な事情と非常に関連性が深いものになっています。本来、裁判所の中で決着された法律的な案件は裁判上の判例として後世まで記録されていくことになります。日本の司法のシステムと言うのは、それぞれの事件や事故に関して不公平な判決がないように、判例となった事例を参考にそれぞれの状況を精査することになっているのです。これは民事的な事故だけではなく刑事事件であっても同じで、過去の似たような事件が今回も起きたときには、過去の事例に応じた判決が9割以上の確率で下されます。

 

もちろん、民事の場合には例外的な場合も少なくありません。特に、交通事故の示談金の相場に関しては慰謝料請求という民事上の請求権が関連しているので、慰謝料で請求できる金額に関しては必ず相手から請求できるものと考えて間違いありません。しかも、慰謝料請求権の請求金額には法律的な上限が存在しないため相手から提示された示談金に納得がいかないときにはそれを拒否して徹底的に話し合いをすることも可能です。

 

このように、交通事故の示談金は原則として過去の事例を参考にそれぞれのケースを当てはめて計算することを知っておきましょう。

交通事故の処理を弁護士に相談するときの費用を計算する

弁護士に対して交通事故の処理を依頼するときには、その相談で必要になる費用をきちんと計算しなくてはいけません。交通事故に関する弁護士に対する費用の計算は、それぞれの交渉によってかなり異なる傾向があるため相談にかかる費用の計算は正確にする必要があります。

 

交通事故の慰謝料・示談金の相場は弁護士に相談するとすぐ分かる?

 

そもそも、交通事故の相談をする時にはどのような費用を計算していけばよいのでしょうか。基本的に、交通事故があったときにはまずその事故の状況を説明するために弁護士に対して相談をすることになります。この相談料金に関しては時間で決められていることがほとんどで、30分あたりの費用で計算します。相場としては30分あたりの費用で5000円なので、事故に関する詳しい中身は相談をする前に事前にまとめておくことが大事です。そうすることで、弁護士に対する相談料金は割安にすることが可能です。

 

次に、そうした話し合いが終わった後には交通事故の処理に関して何らかの事務手続きが必要ではないかを考えることになります。仮に、事故に関連した事務手続きが必要になる場合にはそれに伴う着手金というお金を支払わなくてはいけません。着手金は裁判があろうがなかろうが必ず費用として支出しなくてはいけないお金なので、この点に関してしっかりと覚えておきましょう。

 

そして、最後に必要になるお金が交通事故に関連して行う示談交渉や裁判でかかるお金です。示談交渉や裁判にかかるお金に関しては少しだけ特殊性があって、その結果によって費用が高くなったり安くなったりします。何故かというと、示談交渉や裁判費用というのは成功報酬として支払わなくてはいけないものだからです。逆を言えば、依頼者が満足のいく結果を残すことができなかった弁護士に対しては、成功報酬としてお金を支払う必要性はないことになります。

 

示談交渉や裁判費用の成功報酬は、慰謝料から得ることが出来る一定の割合を支払うことになるので、そのパーセンテージに関しては示談交渉や裁判の前に話し合っておきましょう。

交通事故の際の示談交渉時のトラブルについて

交通事故の被害に遭った場合には、加害者側との示談交渉を行う必要があります。なぜならば事故後に加害者側の保険会社が提示してくる金額は、決して適正な損害賠償金では無いからです。その為、加害者側と示談交渉を行って、提示してきた金額を増額させる必要があります。しかし交通事故の示談交渉においては、様々なトラブルが発生しますので事前に有る程度の知識を得ておくことが必要です。

 

まず絶対にやってはいけないことは、交通事故の被害に遭った際に大した怪我では無いからと言って、その場で加害者側と話を済ませたり、警察に連絡をしないことです。たとえ事故直後に痛みなどが発生していなくても、後日症状が現れることは多々あります。警察に連絡して交通事故証明書を発行してもらわないと、その後適切な補償を受けられなくなってしまいます。

 

また加害者が示談交渉を急いで成立させようと働きかけてくることもあります。なぜなら加害者は人身事故の場合には民事の賠償責任の他にも、刑事責任を問われることになるからです。刑事裁判では罰金刑か懲役刑、また実刑か執行猶予が付くかということが加害者にとっては非常に重要となります。その為、被害者と既に和解をしていることを裁判でアピール出来れば、刑が軽くなるメリットが生まれます。

 

しかし被害者はそのような事情を考慮して早期に和解を成立させる必要はありません。怪我の治療を進めている場合は、完治もしくは症状固定をしてから示談交渉を行えば良いです。もし早期に和解をしてしまえば、症状に見合った適切な補償を受けられないなどのトラブルに発展するケースもあります。一旦和解をしてしまいますと、それを覆すことは出来ませんので、弁護士などに相談をして慎重に交渉することが必要です。

 

またトラブルは加害者とだけでなく弁護士との間にも発生する恐れがあります。一口に弁護士と言っても得意とする案件が異なりますので、交通事故の示談交渉に長けていない弁護士の場合には、適切な補償を受けられない場合があります。特に後遺障害等級の認定などは難易度が高くなりますので、出来るだけ交通事故の解決を得意としている弁護士に依頼することが必要です。

 

交通事故お役立ちページ