交通事故の慰謝料の計算は複合的にすることが大切になる

交通事故の慰謝料の計算は複合的にすることが大切になります。確かに、交通事故の慰謝料の相場というのは過去の事例から参考にしたり保険会社が提供する示談金で収まることも多いのですがそれ以上に相手からお金を請求することも可能なのです。基本的に、保険会社から提示される示談金の金額は相場よりも低いことが多いので、正しい計算をしてきちんとした慰謝料金額を請求することが大切になります。

 

慰謝料と言うのは、交通事故によって生じた精神的な損失を填補するために加害者に対して請求する権利のことを言います。本来ならば民事の案件では加害者本人に対して請求をする事が大半なのですが、交通事故の場合には日本国民の大半が保険に入っているので保険会社に対して請求することが一般的になっています。この場合、計算に入れなくてはいけないことがいくつか存在します。

 

まず一つ目は事故によって生じたケガがいつ回復したのかです。入院した日にち、通院した日にち、それによって完治までにかかった時間などを病院からの診断票などで詳しく書いてもらう必要があります。仮に、自賠責保険の場合にはこうした諸事情を考慮した金額に1日当たり4200円の金額をかけたお金が慰謝料として渡されることになります。民間の場合には自賠責保険とは異なった状況で請求することが出来るためこれより高い金額で請求することも可能です。

 

そして、二つ目に大切なことは物的な損害が生じていないかを確認することです。交通事故における慰謝料請求というのは、実は損害賠償請求とはまた異なった権利なのです。実際に物的な損害が生じた場合には別の権利である損害賠償で請求することになるため、自動車が大破してしまったときにはこの費用もまとめて計算したほうがわかりやすいです。

 

そして、三つ目が後遺障害が残るほど重い事故ではなかったかどうかです。後遺障害が残ってしまった場合にはものすごく高い慰謝料を請求することが出来るので、この場合にはその認定をしてもらってきちんと話し合いをしなくてはいけません。

 

このように、様々な要因をプラスして計算することが大切です。