交通事故の被害に遭った場合には、医療機関で治療を受けることになります。

被害者の場合は加害者側の保険会社が治療費を補償してくれますので、自ら金銭的な負担を負う必要はありません。きちんとした補償を受ける為には、交通事故後に加害者側の氏名や住所、連絡先、自動車の登録ナンバー、加入している保険会社などを必ず確認しておきます。また警察にも必ず連絡して、交通事故証明書を発行してもらうことが必要です。

 

交通事故の治療は整形外科?整骨院?どっちがいい?

 

交通事故の被害に遭って怪我をした場合には、まず最初に整形外科に通院されるケースが多いです。その場合はまず保険会社に通院する病院を伝えます。受診時の治療費の支払い方法はケースによって異なりますが、出来るだけ被害者自身の負担とならない為に病院から保険会社に直接請求してもらうようにしたいです。

 

しかし事故状況の調査中などの場合によっては、保険会社が治療費を支払ってくれないこともあります。その様な場合は、被害者本人が立替払いをする必要がありますが、後日保険会社に請求出来るように必ず領収証などは保管して置くようにします。また健康保険を使うことも可能ですし、もし被害者自身が加入している保険でカバー出来るようでしたら、保険を使うことも得策です。

 

怪我の治療に関しては整形外科だけでなく整骨院を活用することも可能です。整骨院での治療費に関しても整形外科と同様に補償を受けることが可能です。

 

自賠責保険では慰謝料の金額を1日あたり4,200円に設定しています。日数に関しては、全治療期間の日数もしくは実際に入院・通院した日数を2倍した日数のどちらか少ない日数が採用されます。ですので、整形外科と整骨院を併用して治療を進めて行けば、場合によっては慰謝料の金額が増えることにもなります。

 

保険会社からして見れば整骨院に通院されることに対しては、あまり良い顔をしません。なぜならその分支払う慰謝料の金額が増える為です。しかし選択権は治療を受ける被害者自身にありますので、遠慮せずに通院することをお薦めします。