交通事故の無料法律相談

交通事故というのは、誰の身の上であっても起こりうる問題ですが、生活上の一般的なトラブルとは異なり、法律上の責任がかかわってくるだけに、たいへんやっかいであるといえます。たとえば、事故の当事者の間でそれぞれどの程度の過失があったかという過失割合の認定、ケガや後遺障害などによる治療費や休業補償、肉体的および精神的苦痛に対する慰謝料の算定などが、具体的に法律が登場する場面といえますが、過去の判例などと照らしあわせて考えなければならない部分があり、きわめて専門的な知識が要求されます。

 

こうした場合、自動車保険の任意保険に加入をしていれば、たいていは保険会社のほうで相手との示談交渉をしてもらえますが、もし加入していなかった場合や、加入していても相手方が100パーセントの過失とみなされる無過失事故である場合などについては、保険会社による示談交渉が見込めないため、すべて自己責任で処理するしかありません。

 

そこで頼りになるのが、法律の専門家である弁護士による法律相談ですが、それぞれの都道府県や政令指定都市では、庁舎内に交通事故相談センター、その他類似の名称の組織を置いて、無料で受け付けているのが通例ですので、まずはこうした機関を利用してみてもよいでしょう。

 

また、全国的な弁護士の業界組織である日弁連でも、日弁連交通事故相談センターという部門を公益財団法人として独立させていますので、近場でどこに相談してよいのかわからないという場合は、こちらの機関を利用するという手もあります。

 

日弁連交通事故相談センターでは、電話での受付もしていますので、10分程度の簡単な質問であれば電話を中心にし、個別具体的な相談であれば、全国各地にある事務所において、弁護士と直接面談をするのがよいでしょう。日弁連交通事故相談センターでは、相談そのもののほかに、相手に対しての示談あっせんのサポートも行っていますので、示談交渉がなかなか進まない場合には、日弁連の弁護士を交えた対応も求められるといえます。