交通事故に関する過失割合は、慰謝料請求にかなり響きます。

特に、被害者も加害者も自動車に乗っていたときにはどちらがどの程度の過失があるのかを見ることによって慰謝料の相場を判断すると言っても過言ではありません。

 

交通事故による過失割合は慰謝料請求に響く

 

元々、交通事故というのは実際に事故があったときには警察の捜査が始まることになり弁護士に対する相談までに時間がかかることになります。事故の状況を精査して警察の捜査が終わった段階で民事的な案件に関してどのような処理をするのかを決めることになるので、過失割合に関しては本人同士が証拠として提出しなくてはいけないということを知っておかなくてはいけません。実際、交通事故の過失致傷があった場合には刑事事件にまで発展することがありますが、このような場合には自身に自動車事故に関する過失がないことを証明しなくてはいけません。近年では、過失割合に関して最も効果的な証拠として受け入れられているのはドライブレコーダーです。ドライブレコーダーによって自動車の観点から事故の状況が見て取れるのならば、それによって過失割合を容易に決定することが出来ます。

 

当然、ドライブレコーダーがあれば民事の慰謝料請求に関してもかなり優位な立場にたてます。交通事故に関連する慰謝料の問題点と言うのは、被害者が事故によって生じた損害をなかなか上手く説明できないことなのです。確かに、事故によって被害者に後遺障害のような等級の認定を受けることが出来るのならばそれが被害の大きさの証拠になりますが、単純な傷程度ならばそれを証明することがなかなか出来ません。交通事故の場合は、加害者本人に慰謝料請求をするのではなく保険会社に対して請求するという特殊性もあるため、保険会社の人間を法律的に納得させることが出来るだけの材料が必要になります。そのため、ドライブレコーダーなどのように当時の状況を詳細に撮影している映像を持っておくことが大切なのです。そうすることで、有利な過失割合に持ち込むことが出来ます。