成功報酬

交通事故に関連する弁護士に諸費用というのは、交通事故に関する示談交渉や裁判に関する成功によって大きく異なります。何故かというと、示談金や裁判での慰謝料請求に関する費用と言うのは完全な成功報酬だからです。そのため、交通事故に関連する交渉に関してそれが失敗に終わったときには弁護士から多額の費用を請求されたとしても拒否することが出来ます。

 

交通事故に関連する弁護士の費用は交渉の成功で大きく変わる

 

基本的に、弁護士に対する交通事故の費用は裁判の有無によって大きく変わるという前提を知っておかなくてはいけません。弁護士に対する費用は、まず法律的な案件の相談費用があります。これは30分当たりの料金で設定していることがほとんどで、30分が経過していくと時間給によってどんどん料金が増えていく仕組みになっています。そして、何らかの事務手続きが必要になる場合には着手金というお金を支払わなくてはいけません。これは文字通り法律的な業務に着手した段階で支払う必要があるので、裁判の有無に関わらず支払わなくてはいけないお金です。

 

これまでのお金は、一般的な法的な手続きを依頼するのならば必ず支払わなくてはいけないお金ですが、これから説明する示談金と裁判に関する料金については交渉と裁判の結果次第で非常に安くなります。示談金や慰謝料に関連する報酬というのは、弁護士が勝ち取った金額のパーセンテージで提供することになります。そのため、例えば交渉や裁判をする前に成功することが出来たならば獲得できた報酬の10%を利益とするなど最初に決めておく必要があります。こうすることで、より弁護士に対する費用を明確化することが可能です。

 

こうした成功報酬の規定は実は法律にもきちんと規定されています。弁護士が勝手な判断で法外な料金を搾取しないようにしっかりと考えられているので、相談をしても依頼者が損をすることは絶対にありません。示談金や慰謝料を勝ち取ったときには必ず依頼者が得をする結果を得ることが出来るのです。