後遺障害の認定について

交通事故で後遺障害があったときにはその認定をしてもらう

 

交通事故で後遺障害があったときにはその認定をしてもらうことによって、高額な慰謝料を保険会社から貰うことが出来るようになります。交通事故に関するケガの程度については様々な基準が存在します。交通事故にあっても日常生活に何の支障もない程度のケガに終わる人もいれば、日常生活に支障をきたすレベルでケガをしてしまう人もいます。交通事故では、後者のケースに関して後遺障害という等級を認定し、この等級に認定された人には高額な慰謝料の請求を認めているのです。そのため、実際に事故にあって後遺障害を残すほどのケガを背負ってしまった人は、すぐにでもその申請をしなくてはいけません。
後遺障害には、全部で14個の等級が存在します。下は14級で、最も重い障害を背負ってしまった人は1級に認定されます。基本的に、後遺障害として1級に認定された被害者に関しては慰謝料で数億円という賠償が出来るのが当たり前なので、それ以下の示談交渉などに関しては話に応じる必要はありません。等級認定は1級に近いほど重い障害が残っていることを意味するため、実際に等級に認定された場合にはその事故によって一定の後遺症が残っていることを意味します。
後遺障害に認定されるためには、その判断を行う専門の機関に対して交通事故によるケガの程度が重かったことを報告しなくてはいけません。この申請に関しては、病院で診断された診断書や治療にかかるとされた年月、そしてそれによって身体にどのような後遺症が残るかなど詳しく書かれた資料が必要になります。
等級は慰謝料を請求するための基準として非常に大切で、最も低い14級の等級だと判断されたとしても裁判所の基準では約100万円以上の慰謝料を請求することが出来るようになります。しかも、これは民間の保険会社に対してではなく自賠責保険に関してです。そのため、交通事故におけるケガの具合についてはしっかりと把握して伝えるようにしなくてはいけません。