弁護士費用特約とは

自動車のドライバーであれば、交通事故に合ったときに備えて、損害保険会社が提供している任意の自動車保険に加入するのは自然なことといえます。この場合、法律にもとづいて強制加入となっている自賠責保険ではまかなわれない部分の補償、たとえば、対人賠償責任保険や対物賠償責任保険の限度額を無制限として契約するなどが主になるとみられます。交通事故への備えとしては、これでも十分な補償ではありますが、資金的な余裕があるのであれば、さらに弁護士費用特約に加入をしておくのも有効なことといえます。

 

交通事故における弁護士費用特約とは

 

通常、保険加入者が交通事故に遭った場合、保険会社のスタッフが相手との交渉にあたりますが、弁護士法の規定との兼ね合いから、交渉をしてもらえない場合もあります。その典型的なものとしては、相手の自動車が後ろから一方的に追突してきたような、過失割合が0対100の交通事故が挙げられます。こうしたケースでは、保険加入者側には過失がなく、したがって損害賠償責任も発生しないため、責任がないものに対しては示談交もできないという建前です。

 

しかし、実際にこうした交通事故が起こった場合に、相手と損害賠償の金額をめぐってトラブルになるのはよくある話といえます。もしも弁護士費用特約を契約していれば、こうした場合についても、自己の代理人として弁護士に依頼して交渉をしてもらうことができ、その費用は保険金をもって負担することができますので、たいへん便利です。

 

弁護士費用特約がなければ、着手金や報酬金などの多額の費用を、すべて自己負担としなければなりませんし、費用を惜しんでみずから交渉をしようとしても、交通事故にともなう法律上の責任について、ある程度の知識がなければ、相手を納得させることも難しいといえます。その点、法律問題のプロである弁護士に依頼をすれば、相手とのめんどうなやりとりがいっさい不要になる上、法律の知識を活用して、より有利な条件で和解に導くことも可能になります。