交通事故の賠償金

不測の事態によって交通事故の被害に巻き込まれたときには、相手に対して慰謝料を請求しなくてはいけません。この慰謝料請求に関してはいくつかのポイントがあるためきっちりと理解しておくことが大事になります。
基本的に、交通事故の被害にあったときには加害者に対して直接的に慰謝料を要求するのではなくその加害者が入っている保険会社に対して慰謝料の請求をする事が一般的です。特に、日本国内で自動車を保有している人は二つの保険に加入している人が非常に多いのでそのことをまず理解しておく必要があります。

 

なぜ二つの保険に入っているのかというと、このうち一つの保険に関しては法律によって保険に入ることを義務付けられているからに他なりません。この強制的な加入義務が存在する保険のことを自賠責保険と言います。自賠責保険の特徴は、慰謝料の支払いの方法が一定の基準によって決められていることです。本来、慰謝料と言うのは被害者の精神的な苦痛を金額にして計算したものなので一定の基準を設けることは難しいのですが、強制的な加入が義務付けられているこの保険では一定金額の慰謝料の支払いしかありません。当然、被害者側の慰謝料の請求金額が自賠責保険で支払うことが出来る金額を超えているのならば別の保険で支払わなくてはいけません。そのため、自動車を購入している多くの人は二つの保険に加入しているのです。
もう一つの民間の保険会社に関しては自動車を購入した人が自由に決めることが出来るものであるためそれぞれの需要にあわせて加入することが大切です。

 

交通事故の被害にあった人が行う示談交渉や裁判上の慰謝料請求は自賠責保険ではなくこの民間の保険会社に対するものになるためそのことを知っておかなくてはいけません。民間の保険会社の人間は法律のスペシャリストなので、実際の交渉の時には専門の弁護士がついていることが必須になります。自賠責保険の計算の際にも弁護士と相談をして詳しく試算してもらいましょう。