交通事故は、起こされた方も起こした方もつらい思いをすることになります。

まず、起こされた方ですが、完全なもらい事故の場合もありますし、自分も少しは原因があるという事故があります。もらい事故で、ケガをしてしまって、後遺症が残ってしまった人もいるでしょう。後遺症が残ってしまったら、今後の生活に悪影響が出てしまいます。やりたい仕事もできなくなってしまうこともあります。仕事はおろか、普通の生活に戻るにもしっかりリハビリをしないことには、戻ることができないこともあります。交通事故の後遺症のリハビリはとてもつらいものになります。もともとは動いていた部分が交通事故によって、動かなくなってしまったという感覚もつらいのですが、動いていない部分を動かすということもつらいことになります。しかし、リハビリをしないことには、また動かすことはできないので、つらいですが、がんばらないといけません。交通事故を起こした方ですが、保険によって、起こされた方の人に保障をしなければなりません。保険の保障だけで、何とかなればまだいいのですが、保険だけでは、保障できない場合もあり得ます。そうなってしまうと、自分の財産から保障をしなければならないので、つらいところです。しかし、交通事故を起こされた方は、今まで普通にしてきた生活ができなくなってしまっているのです。仕事ができなくなった場合は、生活の保障もしなければなりません。交通事故のケガの後遺症で苦しんでいる人には、その治療費も出さなければならないのです。こうなってしまうと、もう自分の生活をも犠牲にしなければ保障することができません。こうなってしまわないように、絶対に交通事故は起こさないように、慎重に慎重を重ねて安全運転をしなければなりません。交通事故によるケガの後遺症でリハビリしている人はもっと苦労しているということを思えば、絶対に交通安全は守らないといけないと心に誓えるでしょう。